東京エキストラNOTES>神田川(TOPへ)神田川のページ>橋INDEX>

美倉橋

左衛門橋

浅草橋

<柳橋>

両国橋(隅田川)

元柳橋/薬研堀跡

新大橋

 Kandagawa quick Menu : TOP はじめに 変遷図 年表 文学 橋めぐり 書籍 リンク 東京の宿泊施設 交通情報 東京GOODS
 

柳橋(やなぎばし)[神田川]

柳橋よりみちMENU
柳橋
柳橋にまつわる文献、文学、映像作品
亀清楼と旧料亭街
ベルモンテホテル
両国広小路跡
薬研堀/元柳橋跡


MENU全画面表示


神田川最下流の橋

「ミニ永代橋」というべき姿の現在の柳橋
  神田川の一番下流で隅田川に流入する河口に架かる橋。
 以下、橋の南詰にある碑文からの受け売りだが、江戸時代後期の記録によれば、幕府の命で当時の町年寄の樽屋藤右衛門により木橋がつくられ、川口出口之橋、または矢の倉橋と呼ばれたのが起こりという。

 現在の「柳橋」という名の由来については、
(1)「矢の倉橋」が変化したもの
(2)柳が並ぶ柳原堤の端にあることから
(3)橋のたもとに柳が1本あったことから

 など諸説あるとのこと。

 素直に(2)か(3)と考えるのが妥当そうにも思えるが、逆に(1)により柳橋となり、いつしか柳橋だから周囲に柳が植えられた……とか考えるのもちょっと楽しい。

現役橋は「ミニ永代橋」

 現在の柳橋は鉄橋で、大正の関東大震災で旧柳橋が落橋したのをうけて架けられた。永代橋のデザインをモデルとし、耐震構造に配慮した鋼鉄橋で建設されている。
 平成3年~4年には、傷んだ親柱の復元、花街にちなんで欄干にかんざしをあしらい、歩道には御影石を貼り、夜にはライトアップされるなど、橋の存在感をアップする一連の工事が施工され、周囲の景観とあいまって、なかなか情緒あふれるスポットとなっている。

舟遊び、芸者遊び、吉原への入口を兼ねた街

浅草橋から柳橋を望む。白い建物は浅草橋ベルモントホテル。広告欄参照。  かつて江戸随一の歓楽街であった両国は目と鼻の先で、吉原方面への渡船場であり、さらにこの地区自体も花街として発展。昭和初期頃まで、料亭や船宿などが建ち並ぶ情緒あふれる地区であった。
 現在も、川の両岸に並ぶ屋形船の発着場がその片鱗をうかがわせているが、芸者さんのほうは1999年に組合が解散してしまったとのこと。

柳橋を詠んだ正岡子規の俳句

南側橋詰に平成4年に建てられた石碑の銘板には、正岡子規が柳橋をテーマに詠んだ俳句が2つ紹介されている。

  春の夜や女見返る柳橋  

  贅沢な人の涼みや柳橋  

柳橋あたりの川面

島崎藤村住居跡

 明治の文人・島崎藤村は、『破戒』でいちやく文壇の寵児となった直後の明治39年10月から大正2年2月(フランスに遊学)まで約7年間、この柳橋付近……当時の地名でいうところの浅草新片町一番地(推定位置の地図にリンクしています)に居住、この地で「春」「新片町より」「芽生」「千曲川のスケッチ」「後の新片町より」などの作品を書いた。
※現地には特に記念碑等はありません。

 藤村はこの地で妻と死別、男手だけでの子育ては困難ということで住み込みの家事手伝いにきていた次兄の娘(つまり実の姪)を妊娠させてしまう事件を起こし、後にその一件を小説『新生』にしている。
 ただし、小説の結末あたり(ふたりの別離が描かれている)は実際にはまだ二人が関係をもっている間に書かれたもので、むしろこの小説を書くことでふんぎりをつけて実際に別れた、という順序であったようだ。

もう1つの柳橋

 「柳橋」の名は、もとは少し南の薬研堀(やげんぼり)にかかる橋の名としても使われていた。
 そこへ現在の柳橋が加わったため、重複を避けてこの元祖のほうは「元柳橋」と呼ばれるようになったという。
 詳しくは薬研堀/元柳橋跡のページへ。

柳橋にまつわる文献、文学、映像作品


マップ
この付近の衛星写真/地図をフルスクリーン表示(by Googleマップ)
この付近のMapion地図を表示
bymapion
初架橋:
元禄11年(1698)
現役橋:
昭和4年12月(1928)復興局施工 橋長37.9m
東京都中央区民有形文化財 59
夜間ライトアップあり。
管理者 中央区
古写真リンク
両国からの柳橋長崎大学附属図書館古写真データベース
柳橋と両国橋長崎大学附属図書館古写真データベース
左岸のスポット:
JR浅草橋駅

ベルモンテホテル

和菓子「梅花亭」
台東区柳橋1-2-2

佃煮「小松屋」

和食「亀清楼」
台東区柳橋1-1-3

ちゃんこ えり瀬
台東区柳橋1-22-5
総武線ガードそば、旧・高砂部屋の建物で営業。
手作り居酒屋 甘太郎 浅草橋店
台東区浅草橋1-18-10
おかわり焼酎 おかわり和食 Japanese dining 酔壱や
台東区浅草橋1-28-1
右岸のスポット:
両国広小路跡記念碑
両国橋
周辺リンク
東京都中央区の宿泊施設
東京都台東区の宿泊施設
東京都墨田区の宿泊施設
おすすめ参考資料
iconicon
(セブンアンドワイ)

銀幕の東京
(amazon.co.jp)




柳橋よりみちMENU
柳橋
柳橋にまつわる文献、文学、映像作品
亀清楼と旧料亭街
ベルモンテホテル
両国広小路跡
薬研堀/元柳橋跡

このページの先頭へ
神田川(TOPへ) 本日のページ表示回数(主要ページ合計)回 訪問者数
昨日のページ表示回数(主要ページ合計)回 訪問者数
PC Users' Yellow Page
ドミノ・ピザ