相鉄フレッサイン新橋日比谷口 / Sotetsu Fresa inn Simbashi Hibiyaguchi

目の前のJR高架線ガードをくぐれば銀座。2016年10月に別館落成
 開店/更新: 2016年10月   創業/落成: 2013年   確認: 2016年11月 7日 
fresa_shinbashi201606a.JPG
個別空調の室外機が見える手前の小さいビルが相鉄フレッサイン新橋日比谷口別館、奥のすっきりした縦ストライプが同・本館。さらにその奥の茶色いビルは第一ホテル東京、そのまた奥のグレーのビルは第一ホテル別館。見た目は不揃いだが、2組の「本館・別館」がずらっと並んでいる構図になる。2016年6月撮影。
  • JR山手線・東海道線・京浜東北線・総武快速線、地下鉄銀座線・都営浅草線・ゆりかもめ「新橋駅」より徒歩2分、都営三田線「内幸町駅」より徒歩3分。2011年後半から怒涛の出店攻勢をはかる相鉄フレッサイン、都内4店目になるビジネスホテル。地上13階だて。シングル141 ツイン6。
  • 2016年10月1日、隣接地に71室の「別館」が新築オープン。チェックインは本館2階のフロントで行うシステムになっている。
  • 大戸屋ごはん処 フレッサイン新橋店[2F]...朝食500円(焼魚定食)
  • コンビニ(サンクス)[1F]...宿泊者割引あり。
  • [トレインビュー]現地レポート参照。
  • 平成23年(2011年)9月着工、開業は平成24年(2012年)12月の予定→平成25年(2013年)2月に訂正。当初の仮称店名は「相鉄フレッサイン新橋」だったが末尾に「日比谷口」がついた。(2012/11)。
  • SL広場の北、外堀通りの交差点。地下には銀座線の新橋駅がある。
    赤信号の下の白い工事囲いの部分が「相鉄フレッサイン新橋(仮称)」建設地。
    その背後に高くそびえるベージュの建物は「第一ホテル東京」で、道路をはさんで「フレッサイン」と隣接する。
    さらにその奥のかっちりしたグレーのビルは「第一ホテル アネックス」。
  • この道を直進すると東京電力本社があり、そのままJRの高架の横の道をまっすぐ行くと、帝国ホテル「インペリアルプラザ」裏を通って日比谷・有楽町界隈に抜けられる。
撮影:2011/11

※以下は本館建設途上の記録写真↓。
  • 新橋駅側は近隣のビルにさえぎられてしまうが、建物正面から北の方向(東京駅方向)には視界をさえぎるものがなく、日比谷までまっすぐ続く明治時代からの煉瓦造りの高架線や新幹線がかなり「いい感じ」で見渡せる。逆にというか、あまりに線路に近いため、電車の騒音が気になって寝られないという人のためにフロントで耳栓の貸し出しサービスがあるとのこと。
    上層階からは線路の向こう=銀座界隈の夜景も魅力的かも。
撮影:2011/11
相鉄フレッサイン新橋(仮)と、隣接する2つの「第一ホテル」
相鉄フレッサイン新橋(仮)建設地全景
相鉄フレッサイン新橋とJRの高架線
Booking.com
姉妹サイト「東京エキストラNOTES / 募集情報」からのお知らせ▼