トレインホステル北斗星 / Train Hostel Hokutosei

2015年に引退した夜行寝台列車「北斗星」のパーツを活用したホステル
 開店/更新: 2016年12月   創業/落成: 2016年   確認: 2017年4月23日 
hokutosei201704b.JPG
馬喰町駅入り口の看板のほうが目立つ入口外観。すぐ隣にビジネスホテル「コンフォートホテル東京東日本橋」がある。
撮影:2017年4月
  • JR馬喰町駅4番出口直結。ビルそのものに出入り口が一体化している。都営新宿線馬喰横山駅、都営浅草線東日本橋駅と近接・乗り換えが可能。
  • 最後のブルートレイン「北斗星」の車内備品を活用して作られた「鉄分」満点のホステル。主に海外旅行客需要を見込んでの開業だが、日本人鉄道ファンにも人気が集まりそう。(逆に外国人が予約しづらくなったりして......?)
  • 1FはフロントとJR馬喰町駅の入り口。2Fにラウンジがあり、客室は2~5階、6階にシャワーとランドリー、という構成。
  • 宿泊料金は一泊2,500円から。部屋はドミトリー(相部屋)が主体で、一部、寝台車のコンパートメント的な半個室もある。2段ベッドや個室寝台の一部の内装に実物パーツを再利用している。
  • 中学生未満は宿泊不可。中学生は保護者同伴ならOK。高校生以上は一人でも宿泊可能。
hokutosei201704a.JPG
入口を入ってすぐのフロントも「みどりの窓口」風
撮影:2017年4月
Booking.com
姉妹サイト「東京エキストラNOTES / 募集情報」からのお知らせ▼