演技関連

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:
用意 / レディ(ready)
スタート / ハイッ / アクション / 5、4、3......(秒読み型)
上手(かみて)、下手(しもて)
自分の右、自分の左
バミ、バミる
カット位置
目線(めせん)
口パク / パントマイム
板付き
キッカケ / キュー(cue)
シャッター
アウトする / ハケる
見切れ(る)
オンリー、オンリー録り
ガヤ
オールアップ
クランクアップ
用意 / レディ(ready)
俳優が演技を開始してよいよう、各スタッフがスタンバイするためのかけ声。エキストラは「背景役」なので、原則的にはこの「用意」で(つまり、スタートより一瞬前に)演技をスタートさせるよう指示される場合が多い。
スタート / ハイッ / アクション / 5、4、3......(秒読み型)
演技開始の合図。現場によって声のかけかたが異なる。秒読み型の場合、最後の「1、ゼロ」あたりは声に出されず、各人が心の中でカウントする。
かけ声の直後に助監督がカチンコを鳴らす場合もあり、その場合はカチンコの音が消えてから演技開始となる。
上手(かみて)、下手(しもて)
舞台用語。客席から見て舞台の右側が上手(かみて)、左側が下手(しもて)。位置関係が流動的な撮影スタジオやロケ現場でも、カメラの位置を客席側に見立てるかたちで援用される。
自分の右、自分の左
撮影時の微妙な立ち位置調整の指示時によく使われる表現。意味はコトバ通り。
たとえば「自分の右にあと30cmぐらい」といわれれば、自分自身を主体に考えて右手方向に30cm程度位置をずらせばよい。
バミ、バミる
俳優が立つ位置などを示す目印。主にガムテープやビニールテープ(あるいは状況によってはそのへんに落ちている小石など)等、不要になったらすぐ除去できる素材が使われる。
テープの場合は逆T字状に貼られることが多く、この場合は横線がつま先、縦線が体の中心線をあらわす。
人物だけではなく、いったん移動した机をあとでもとの配置に戻す場合など、臨機応変に活用される。

なお、通行人役のエキストラなどでも、リハーサル時に指示されたスタート位置を記憶しておき、本番まで何度もそこに戻って繰り返すことになるため、なんらかの「目印」は必要となるが、この場合は「おおよそ」でよいため、たとえば周囲の建物、電柱等、なにかしら目印を自力で見定めて対応するのが普通。
カット位置
前の撮影での演技時、「カット」がかかった時点で自分がいた位置。通行人役などの場合、念のため覚えておくのが望ましい。
目線(めせん)
演技者が見る方向のこと。撮影内容によっては実際になにかしら目標物が示され、「こちらを見て演技してください」などの指示が出される。
ドラマや映画の場合、特に指示がない限り「カメラ目線」(カメラのレンズの方向を直視する)は禁物。
口パク / パントマイム
俳優のセリフの録音を優先するため、背景となる他の役者やエキストラは声や音をたてないように演技すること。エキストラの演技機会の多くはこの状態で行われる。慣れないと「うなづきすぎ」「身振り手振りがウソっぽい」など、不自然な動きになりがちなので注意が必要。
この指示下での撮影では、声だけでなく靴音や食器がぶつかる音なども避ける必要があり、靴に関してはラバー底のもので参加するとラク。
板付き
最初から同じ場所に居続けること。
キッカケ / キュー(cue)
撮影途中での、演技やセリフを言うタイミングのこと。カメラの視野の外、かつ演技者が確認しやすい位置で助監督が手を振って合図するなど、臨機応変に指示される。
シャッター
画面をよぎる動き。たとえば俳優の手前を通行人役のエキストラが一瞬よぎることで「人ごみ」の雰囲気を演出すること。
アウトする / ハケる
カメラの視野から退出する。
見切れ(る)
撮影機材やスタッフ、待機中のエキストラ......など、映ってはいけないものが撮影画像に映ってしまうこと。
オンリー、オンリー録り
音声だけ録音すること。主要な撮影が終了した後、素材用の背景音(ガヤなど)をまとめて録っておきたいときなどに行われる。⇒関連語「ガヤ」
ガヤ
パーティー会場、コンサートホールなどの「人のざわめき音」のこと。編集素材として映像本体とは別に録音されることが多い。⇒関連語「オンリー」
オールアップ
出演者のうちの誰かの出演シーンの撮影がすべて終了した状態。
クランクアップ
その作品のすべての撮影作業が完了した状態。