記事日付:

二度めの夏、二度と会えない君』2017年秋~

■作品名:『二度めの夏、二度と会えない君』(通称『ニドナツ』)
■原作:『二度めの夏、二度と会えない君』赤城大空著(小学館ガガガ文庫刊)(link to:amazon.co.jp)
■出演者:村上虹郎、吉田円佳(ガールズバンド「たんこぶちん」)、加藤玲奈(AKB48)、山田裕貴、金城茉奈、菊池亜希子、本上まなみ
■撮影日程:2016年10月1日~10月18日予定
■公開予定:2017年秋
■製作プロダクション:株式会社デスティニー
<物語>
 高校三年の夏、森山燐(りん)は俺のクラスに転校してきた。彼女の願いは、憧れのバンドを生んだこの学校で自らバンドを結成し、文化祭で歌うこと。今はバンド活動が禁止だと知っても、彼女は諦めることなく、夢に向かって突き進んだ。俺はそのエネルギーに引っ張られるようにバンドの一員となり、三か月後、ついに文化祭ライブは実現する。
 しかし終了と同時に燐は倒れた。不治の心臓病を抱えていた彼女は、夢を叶えるために、初めての学校生活を選んだのだ。俺の前に現れたときから、残された時間はわずかだった。
 燐の病室で、俺は意を決して想いを告げた。「俺はお前が好きだ」
 だが激しく拒絶される。「何でそんなこと言うの……出てって!」
 翌日、燐は逝った。俺は思い知る。決して伝えてはいけない気持ちがあることを……。
 深い後悔と哀しみに襲われ、部屋に閉じこもったまま、2カ月が過ぎた。もう一度、燐の歌が聴きたい……強くそう念じたとき、それは起こった。
 タイムリープ――。俺はなんと、燐と初めて出会った半年前へと戻っていた。
 そして気づく。もう一度あの時間をやり直すことができる……。やるべきことはただひとつ。燐が笑顔のまま旅立てるように、自分が告白した過去だけを消すのだ。
 こうして燐と俺の「二度めの夏」が始まった。
 果たして俺は、その目的を叶えることができるのだろうか――。

<関連記事>
2016-09-30 映画『二度めの夏、二度と会えない君』エキストラ募集〓◆人気青春ノベル「ニドナツ」実写映画化〓◆出演:村上虹郎/ガールズバンド「たんこぶちん」吉田円佳/AKB48加藤玲奈/山田裕貴/金城茉奈ほか

<外部リンク>
 公式サイト:http://nido-natsu.com/

<試写を観た運営人のひとりごと>
・ずば抜けた歌唱力を持つホンモノの歌姫を主演に起用、主役のギターの腕前も指先の動きで一目瞭然。ライブシーンのリアリティが素晴らしい。
・ヒロインへの共感を阻むいくつかの要素が個人的には減点対象に思えたが、深い悔恨に根差す主人公の無意識の願望が「タイムスリップ」というかたちでかなえられ、「2度め」であるがゆえに困惑し、拒否を試み、やがて受け入れ、終盤では「2度め」ゆえの成長を遂げて「ぐっと大人」になってゆく。その過程の描きかたは自然で好感が持てた。
 もちろん過ぎた出来事は本来は戻ってこないが、それはたとえ2度めであっても同じこと、という緊張感は随所で伝わってきた。
・予算の少ない映画ならではの省略?が

<映画チケット情報リンク>
ユナイテッド・シネマ | チケットぴあ>邦画icon